2017.04.16 Sunday

詩記

 

 

 

人生を四季でたとえるならば、
生まれたときを初春としよう。



十代から二十代は思春期の春。


三十代から四十代は黎明期の夏。


五十代から六十代は熟練期の秋。


七十代から八十代は桃源期の冬。



九十代から幾星霜は

きっと夢望美な季節



今の私は四十歳なので詩獣。
つまりは四季で云えば真夏。



誰もがやがて死期を迎える。
ただそれまで士氣は燃える。



太陽に溶けない翼で飛ぼう。
神話の誰かより氣高く強く。



そんなところで何してるの?
鳥の鳴き声が聴こえて来る

 

 

 

 

 

 

 

 

 


コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

search this site.

-->

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM