2016.12.13 Tuesday

RAPTURE

 

 

 

露知らず待ち焦がれた冬
憧れた黄昏を踏む黒い靴

 

霜柱に幼い星が凛と降る
淡く華奢な時の芯を摘む

 

お早う舞い散る吐息の葉
お休み詠み解く宵美の矢

 

明から様な朝焼けは尊く
道徳は恍惚と豊かな姿へ
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

RAPTURE 】恍惚

 

 

 

 

 


コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< March 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

search this site.

-->

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM