2012.11.06 Tuesday

オルタナティヴ バイロンベイ 4





旅の終盤、バイロン唯一のクラブ、Liquidで共に踊ったグレイムの家へ。
グレイムはトモキが今年のEXODUS(毎年1月にアボリジニの聖地、Bald Rockで開催されるフェスティヴァル)で知り合った、ビジネスにも長けたコマーシャルヒッピー。
山をひとつ所有していて、大自然に囲まれた山荘で妻子と暮らしている。





フットワークが軽く、寡黙だが、とても親切な人で、「空き部屋があるから好きに使って良いよ。」と、
結局タダで3泊もお世話になり、心が洗われる環境の中、五感と自然を溶け逢わせて、作品創りに没入した。






グレイムの奥さん、ルーシーはNATURAL DOCTOR。
2人はRAVEで出逢って、恋愛を育み結婚した、最高に微笑ましい夫婦。
「彼女があまりにも美しい踊りをしていたから口説き落とした。」と、グレイムは言っていた。








息抜きに、トモキと2人でクモの巣と馬フンを避けながら、4時間グラスカット(草むしり)の仕事をした。
その報酬で、ルーシーに1時間、全身アロママッサージをしてもらった。
ルーシーの手は、まるでCOSMIC HAND。
僕は大きな慈愛に包み込まれながら、温かな羊水に護られた胎児のように、深い安らぎで満たされた。

飛び続けるには、時に羽のメンテナンスも必要だ。
窓から覗いた芝生の上では、孔雀が羽を広げていた。





帰国前日の日曜日は、月に1度開催される巨大バザー、BYRON MARKETがちょうどやっていたのでラッキーだった。
澄んだ青空の下、色彩豊かな会場内を歩きながら、この町は本当にレインボーカラーと笑顔が似合う町だと想った。








夕暮れになると、会場と隣接した森の奥で、ヒッピーの集団が楽器を持ち寄り、ジャンベのリズムで踊りはじめた。
そこにディジュリドゥの演奏と手拍子が加わると、どこからともなくチャンダンの匂いが風に乗ってやって来た。
そこにはひとつのサークルが出来ていた。





観光客もその演奏力の高さで、傍観者になるのではなく、輪になって踊っている。
ピンクのワンピースの上に、赤いベロア素材のベストを着た老婆は、長い白髪をリズミカルに揺らし、サークルの中心で誰よりも生き生きと、その華奢な体を音に委ねていた。
沢山のしゃぼん玉が飛散しては消えるサークルの中、40年続く「オルタナティヴ スピリット」のルーツを垣間見た気がした。





情報過多でVISIONが定まり難い現代において、シンプルなライフスタイルを見直すことは必要だ。
利便性を求めるあまり、つい疎かにしてしまう過程の中にあるコミュニケートは、デジタルが蔓延してから希薄の途を辿っている。

だが本来の人間関係において、大切な根っこの部分はアナログで、常にLIVE。
臨場感で胸が一杯になり、隣人を煩わしく感じる時もあるだろう。
そんな時はチルアウトして、花鳥風月を愛でる素朴さに酔いたい。
剥き出しの本能をぶつけ合い、喜怒哀楽を繰り返して、人は人と、深く強く、繋がって行く。





目まぐるしく時代が移り変わっても、ただ純粋に、シンプルに、本質のみを捉えながら、こよなく平和と音楽を愛するだけのヒッピーカルチャーは、僕にとって永久に不滅で、不変のARTだ。
ヒッピーからの気づきや学びは、誰にでも本来、当たり前に出来る、素朴な営みに他ならないだろう。

自然の流れ。導き。巡り。
忘れかけていた感覚は、旅によって甦る。
踊る影は鮮やかなくらい、どこまでも長く色濃く伸びていた。








それからトモキの車に揺られ、ユータと3人でサンセットを拝みに、バイロンのシンボルとも言うべき灯台へ。
真冬のサーファーが流麗なラインを描いている。
「今日は久し振りに波が良い!」とトモキが言う。
太陽が海へダイブした後、とてつもなくやさしい乳白色の空が、パノラマに広がった。
ルーシーにマッサージしてもらった体は、しなやかな羽が生えたように軽い。
大きく深呼吸をすると、心地好い空気が循環した。





時には、スロウライフを意識して、リラックスしたまま、
自然の流れを肌で感じて、その流れに楽しく身を委ねてみよう。
そうすればおのずと、光が射す方へと、導かれて行くだろう。





真冬のオーストラリア。
約半月、心身共に癒やされ充実した、鮮烈な旅だった。
次は2012年11月14日、皆既日食を拝みに、またこの国に訪れたい。
バイロンベイの自然と由縁に、感謝とリスペクトを込めて。


ENJOY♪ SIMPLE PLEASURES…





コメント
???独蝶??冀??不????嶇柧???????????????????????
私人定制瑜伽治各?病-瑜伽治病-瑜伽治各?病-全国唯一真瑜伽大?
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

search this site.

-->

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM