2012.11.02 Friday

オルタナティヴ バイロンベイ 2





旅の序盤は瞬く間に過ぎた。
ブラジリアンのシェアハウスでウェルカムパーティを開いてもらったり、トモキが今住み込みで働き始めた、MAIN BEACH BACKPACKERSで異文化交流を楽しんだり、バイロンで1年に1度開催されるダンスミュージックフェスティヴァルに参加したり…。

★SPLENDOUR IN THE GRASS FESTIVALのリポートはこちら
http://beatculture.music.jp.msn.com/archive/feature/100105_youikuzawa/default.htm





フェスの翌日、この旅の目的地のひとつでもあるゲストハウス、ARTS FACTORYへ。
世界中の多種多様なアーティストが集い、創作活動に専念していると噂の空間。

プライベートルームに4泊ステイ。ドミトリーで1泊25ドル。プライベートで75ドル。
初期anoyoクルーのニッセンがここの裏ボスだ。

“anoyo”とは、現在活動停止中だが、90年代後半にオーストラリアで産声を上げた、クリエイティヴな野外イヴェント集団。
今まで新島や、佐渡島、岐阜県にある養老天命反転地などで開催をして来た。
僕は1999年にCandle JUNEくんに誘われ、3年間運営のお手伝いをさせてもらった。
著書のカバーデザインを手がけて頂いた山路紳多郎氏も初期anoyoクルーで、今回の旅の出発前に自宅へ遊びに伺った際、ARTS FACTORYの噂を伝えたら、
「それならニッセンを訪ねてみなよ。」と、今回の運びになる。





しばらくしてニッセンに電話を掛けると、ARTS FACTORYの裏にあるスタジオへ招待され、どんな人なんだろう?と久し振りに胸をわくわくさせ、モスグリーンの扉を開けた。

すると白髪混じりで瞳が澄んだオージーの親父が、「新しいビジネスをはじめた。」と、トップの部分がマシュマロになっている美味いマッシュルーム型のチョコレートをいきなりプレゼントしてくれた。
僕もお返しに、持参していた著書をプレゼントし「カバーデザインはSHINTAROさんだよ。」と告げると、大声で「FANTASTIC!AMAZING!」と喜んでくれた。





最近このスタジオでレコーディングをしたと言う、コズミックでミニマルなアンビエントをBGMに、ARTS FACTORYのエピソードを、身振り手振り聴かせてくれた。

ニッセンの両親は音楽と自然を好む、生粋のヒッピーだった。
その仲間達と約30年前に、「皆で自給自足の村を作って、収穫祭や音楽祭を糧にしながら、楽しく生活しよう!」と意気投合し、集団共同生活場であるコミューンを開墾したのが、ここのはじまりだったそうだ。





そして時代の流れと共に、コミューンからゲストハウスと言うスタイルへ。

もともとARTS FACTORYは、ニッセンの父親が、同じ敷地内にあるBUDDHA BARは母親がそれぞれ経営していたが、1年前にNOMADSと言うカンパニーに吸収合併され、経営権を譲渡する形となり、スタイルが変わってしまったとのこと。

今は禁煙スペースが設けられていたり、ブランケットの貸し出しが10ドルのデポジット制だったりと、結構システマティックな要素もある。

確かに管理や清掃がきちんと行き届いているなと滞在して感じた。





バイロンの宿には概ねプールや遊戯場が常設されてあり、どこもきちんと整備されていて、ゴミが全然落ちていない路上の風景からも、調和性や美意識の高さが随所に伺えた。

ARTS FACTORYもひと昔前は、今よりもっと自由気ままにやっていたのだろう。

管理社会において人は、窮屈になるかと思えばそうでもなく、柔軟に適応出来る能力を兼ね備えているわけで、実際のところ慣れや惰性が生じ、そこから辻褄を合わせようとする。

日常生活の中、知らず知らずのうちに麻痺し、塞がってしまっている感覚は、きっと昔はごく当たり前に表現や行動に移せていた、素朴な感覚だったのかもしれない。



 

ARTS FACTORYにいた間、僕は日中ティピの中にあるふかふかのソファーや、湖のほとりにあるブランコや、大きな木に結ばれたハンモックに揺られ、詩を描いた。

トモキは波乗りへ行っては「今日も波がなかった。」と、毎晩部屋に遊びに来て、僕らは1年間の月日を埋めるように語り明かした。

冬だからか夜になると満天の星空が広がり、くっきりとしたラインの流れ星を沢山見た。





ある日ニッセンのスタジオへ遊びに行ったとき、上半身が裸で、サングラスをかけたモーガンフリーマンそっくりのアボリジニに出会った。
話してみると、強面な外見のイメージと全く違ってシャイな人だった。
ARTS FACTORYより更にオルタナティヴな場所を望んだ僕らに、ニンビンの近くの山奥に現存するヒッピーコミューン、RAINBOW TEMPLEがあることを教えてくれた。




行き先を訪ねるとおもむろにサングラスを外し、大きな手で、小さな紙に地図を書いてくれた。素顔を覗くと実に綺麗な瞳をしていた。
人を見かけで判断してはいけないとはまさにこのことだ。
ちなみにアボリジニはあまり風呂に入る習慣がないため、体臭が何とも刺激的だった。






コメント
ハンドメイド 財布
Right after position several the actual Volta ao Algarve, the actual c’s Heavens instructor tour bus intrigued a lot more concentrate
  • Lou
  • 2014/06/29 3:36 AM
ï¿
Journal AoÃt 13 (Reporter Singo stagiaire Liang Chen) par les 'micro-canaux' contact 'filles de glissement', a déclaré l'intention de recruter des hommes prostituée avant le départ, effectivement glissée dans son sac à dos peluche à l'intérieur <br /> d'une brique, prêt vol. 2, si il ya des taches sur le cuir avec une éponge propre et humide trempé dans un détergent liquide chaud essuyer, puis laissez-le sécher naturellement. Aujourd'hui, en plus de la personne en raison de préjugés très religieux, tout en ignorant le fait que les gens, en fait, les biologistes ne nient le fait de l'évolution biologique. Selon le forfait comment acheter, ce qu'il faut prendre. Éléments réseau appartenant à la conception de la mode classique éléments de la mode de conception, ou dans les rues, ou occasionnels, ou élégant, ou les déplacements. Vous devez lentement, lentement élection. réglage de rabat de la poche Zip peut être utilisé dans les ordinateurs portables, cartes de visite, etc visées à collections. Aujourd'hui, le sujet est <br /> un peu long, car il implique deux personnes, l'une est le nouvel ambassadeur américain à Locke, un vice-président américain Joe Biden. Maître Lou banquette arrière quelques minutes plus tard, a trouvé le sac à main des femmes, qui est <br /> <a href=http://www.pro-at.com/listinfo.php?pid=8264>portefeuille tout en un femme longchamp</a> équipé avec de l'argent et des documents importants et les informations clients, tels que la valeur de millions de produits. Lorsque l'excursion d'une journée vers le bas, mettre des pantoufles est une chose, ah très FB. Le Tibet est une région de plateau doit être pleinement préparé avant d'entrer au Tibet. L'essence de leur maison texture non grasse, bonne absorption de l'humidité, son complexe de peptide de la résurrection du facteur EGF avec AC facteur de peau approche à deux volets, dans le cadre du vieillissement de localisation GPS Recherche en
最安全有效的治?方法。
可美可美~~?量很好~~其他很perfect!
什?都怕失去的人,最后必然失去一切。
不要??因??及自己的?面而??人?堪。(保住?人的面子,即使自己要受些委屈,有?也是?得的。)
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

search this site.

-->

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM