2011.09.06 Tuesday

VECTOR


渡し船が向こう岸へ消える
私の行方も知る由などない

異次元はなきにしもあらず
吸い込まれた星から届く光


それは既に訪れた場所から
未来の先まで結ばれる輝き

ありきたりな瞬きひとつで
表現をくるり宙返りさせる




誰にでも信じるものがある
夢重力に限界は存在しない

理解には良し悪しなどない
本当の姿で豊かないつもを


その時はもうそのことだけ
たとえ涙で視界が滲んでも

生きた瞬間を実感させよう
よろこびは常に循環してる















---------------------------------------------------------------------------------------------
【VECTOR】運ぶ者





コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

search this site.

-->

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM