2019.11.12 Tuesday

YELL

 

 

 

放浪の途中で仰ぐ紅葉
想像と呼吸で和む能動

 

 

灯篭が流れ鼓舞る咆哮
童謡へ叶え奏でる虹芒

 

 

陽光に微睡み含む朗報
方法は微笑み紡ぐ抱擁

 

 

滔々と季節を翔る高揚
創造の微熱で猛る黄桃

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


2019.11.03 Sunday

UP

 

 

 

通天する数多の風船
彼方まで偶然は続く

 

 

ゆずり葉が色を細め
俄かな矢は羽で包め

 

 

しるすすべを給うて
夢より常より花詡り

 

 

有限の浮き世の中で
やがて咲き誇る悠遠

 

 

彼方まで優先を紡ぎ
新たなる空前は続く

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


2019.10.16 Wednesday

FLORA

 

 

 

銃痕に埋めた球根
養分は爪跡と幸運

 

 

微かな発芽を仰ぐ
僅かな落書き青く

 

 

蔦を巡らせ血管と
流れ咲き歌と踊り

 

 

音に湧き澄む種火
枯れ地へ凛と韻を

 

 

銃声に触れた流星
剥れ裂き風穴香る

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


2019.10.02 Wednesday

ATTIC

 

 

 

飽く無き落書き骨の壁

明日咲き竜巻き萌の羽

 

 

屋根裏部屋の天窓から

変化の狼煙が立ち昇る

 

 

歯牙無き鮮華の首の道

干枯らび研磨の月の肘

 

 

果て無き蓮砂に導かれ

因果の銀河は咲き誇る

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【 ATTIC 】屋根裏


2019.09.25 Wednesday

REC

 

 

 

ほんのささいな言華
音霊と清らかに叶う

 

 

渡すは笹の葉色の皿
朝焼けと萌え出る山

 

 

わずかばかりの燃料
炎症した肌と慈しみ

 

 

撫でる風が傷を癒し
映える羽で蜜を運ぶ

 

 

ほんのささいな瞬間
循環と密やかに廻る

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Sunshine for Universe

https://m.facebook.com/Sunshinefamilyjapan/

 


2019.09.18 Wednesday

across

 

 

 

交差点に潜む導火線
ぱちぱち咲き薫る縁

 

 

防波堤で祈る洸夜星
はにかみ幸を仰ぐ兵

 

 

誘蛾灯へ忍ぶ通過法
間に間に旅は極彩色

 

 

アンチな獣の讃美歌
有り無し夢も常も今

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


2019.08.28 Wednesday

syrup

 

 

 

それは何の前触れもなく
夕立と共に洗い去り咲く

 

 

垣根越しの蜜蜂が羽搏く
瞬く間に過ぎ行く自堕落

 

 

暫く目映く輝く星は影響
巡り来る日々へ森の明鏡

 

 

切り株の上で跳ねる羽根
冴え渡る美味に舌鼓の種

 

 

それは何の後腐れもなく
朝露と共に咲き誇り湧く

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


2019.08.21 Wednesday

Shimmer

 

 

 

日傘を刺し着飾る通り
氷の文字が風鈴と踊る

 

 

縁側の苗床で猫を描く
粋花の種を蒔く星の時

 

 

蝉時雨は鮮明な讃美歌
懸命な熱に揺蕩う狼煙

 

 

祈願の彼岸で空を仰ぐ
夏の陽炎と翳りながら

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【 Shimmer 】陽炎


2019.07.24 Wednesday

vivid

 

 

 

言葉のシャボン玉
マシンガンで炸裂

 


羅針盤は廻り続け
白熱灯と溶け逢う

 

 

冷めないほとぼり
綻びを喜びで繋ぐ

 

 

夏の合図と蕩けた
鏡の花火へ来夢を

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


2019.07.23 Tuesday

PURE

 

 

 

日々に響く君の鐘楼
如雨露の機微の意味

 


明日は晴れて暮れる
曇硝子が割れて憂う

 


風鈴に月の雫が弾け
傾げた弓を慈しむ夜

 


踊り明かす指に光よ
理解の視界に素粒子

 


未来へ跳ねて触れる
羽根の音を奏でる朝

 


日々に彩る黄身の中
無垢を描く君の美味

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


| 1/4PAGES | >>

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

search this site.

-->

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM