2016.12.13 Tuesday

RAPTURE

 

 

 

露知らず待ち焦がれた冬
憧れた黄昏を踏む黒い靴

 

霜柱に幼い星が凛と降る
淡く華奢な時の芯を摘む

 

お早う舞い散る吐息の葉
お休み詠み解く宵美の矢

 

明から様な朝焼けは尊く
道徳は恍惚と豊かな姿へ
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

RAPTURE 】恍惚

 

 

 

 

 


2016.11.16 Wednesday

PUMP

 

 

 

血液を送り出せと囁く
風天に紅き落葉は瞬く

 

夕焼けの熱が織り成す
明日の影で蜻蛉は儚く


伝う温度に音頭を灯す
水面の稲穂は月と歌う

 

血液を送り出せる器官
有限の時間で羽ばたく
 

 

 

 

 

 

 



 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


2016.11.03 Thursday

CALIBER

 

 

 

風に猫背を押され進む
晴れた髪に惹かれ映す


美しく研磨された明鏡
光で描く朗らかな影響


滅法強い月歩の噛み跡
牙と爪と羽根で護る里


 

 

温かな皿の上で咲く日
踊り続ける器に炊く火


黄身が煌めく空の意味
恵み巡り色と彩る日々


風に猫背を押され進む
懸けた旅に魅かれ紡ぐ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

CALIBER 】径

 

 

 

 

 


2016.10.20 Thursday

MULL

 

 

 

ぽかぽか光にプチ眩暈
縁取る痛みを和らげる

 

柔らか清らか秋の可燃
あらゆる破片は灰塵へ

 

煌めく狼煙が空に咲き
記憶と意欲は昇華され

 

浄化の雨より糧と癒え
冷え行く凍土を温める
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

MULL 】温

 

 

 

 

 


2016.10.01 Saturday

therapy

 

 

春の罪人が積む墓標
故郷に咲いた胡蝶蘭

 

夏の旅人が摘む一輪
花弁は長い影を残す


秋の戀人は月と踊る
安寧を紡ぎ羽で灯す

 

冬の宵人は風の光へ
運命線と叶う夜明け

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


2016.09.16 Friday

BLOW

 

 

殺風景に訪れる空虚
ぽかりと空いた風穴

 

能天気な愛を詰めて
爪痕に沁みた涙の花


叶え給う花苗は酔狂
紅く萌え凛と消える

 

癒える虹より翔ぶ蝶
飄の塊が黄昏を穿つ




殺風景に降り注ぐ星
能天気な時と流れて

 

消える虹より癒えた
蝶の魂で憧れを歌う


きらりと咲いた夢穴
眩い風が吹き抜ける

 

幾旅も生まれ変わる
あなたとかなたまで
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


2016.09.07 Wednesday

fairway

 

 

 

残暑に煌めく山椒魚
未来の匂いの発光体

 

ユダヤの森を游ぐ影
泥濘に溺れるなかれ


豊かな自然に降る雨
資源なら既に素手に

 

爪痕で鳴く蟋蟀の羽
夢跡は夜明け前の風



 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

fairway 】澪・運河・水路

 

 

 

 

 


2016.08.31 Wednesday

LUPE

 

 

 

真実を覗き込める穴
くるくる回す万華鏡



キラキラ弾かれる花
韻律の望みに似た峠


山彦が響き渡る草原
鳳蓮草の蔦と唄う貝



水飛沫は虹と揺蕩う
倍率を上げる熱中症




黒い紙から昇る狼煙
ふわふわ届く入道雲



有耶無耶にしない華
韻律の希みを映す瞳


夕立に濡れて相合傘
大海から流れ着く命



蜃氣楼は色を覚えて
宵光と微笑み懐く灰

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


2016.08.22 Monday

PAEAN

 

 

人は夢診て儚さを知る
人は憂いて優しく鳴る

 

人を愛して真心に触れ
人を戀して言葉と踊る


糸が絡みて各自を感じ
描く字を手紙に認める

 

刃の羽咲に祈りを込め
突き刺し貫く人の讃歌
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

PAEAN 】讃歌

 

 

 

 

 


2016.08.07 Sunday

AMB

 

 

 

夏の虫が風と歌う朝
放射能はまだ漏れる

 

月に背く愚かな戯言
皆それぞれ既に護る


太陽は食わず嫌いで
来光が海に落雷する

 

どうか忘却しないで
夏の鳥が雨と伝う傘
 

 


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


| 1/3PAGES | >>

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

search this site.

-->

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM