2013.12.14 Saturday

SCRATCH


尖り過ぎた爪先で掻く旋律
星の粉を少し降り翔けよう

影絵が踊る中庭に散らした
オリーブオイルと絡み逢う


うろ覚えの歌は上の空まで
鮮やかな素粒子と響き渡る

動揺には抱擁を添えるだけ
いつでも愛は底に在るから




重力よりも想い宇宙の調べ
亜空を目指す睫毛に弾かれ

放り出された姿がバグでも
あくまでも咲く蓮を水面に


稲穂が揺れては射し込む光
痛みは理解で癒されて行く

尖り過ぎた爪先で描く未来
時の粉を月に降り翔けよう



















 

2013.10.01 Tuesday

CUE


手のひらで掬う月の知らせ
指の間から零れ落ちる調べ

実行された秋時雨の果てへ
吉報を届けたくて泣き笑う


揺り返る能動態が仰ぐ宵影
追い風と呼び声に触れた炎

その温度で間違いはないの
恥じらいの花が蟋蟀と詠う




希みを待つ人ばかり溢れて
誰かの痛みは光の致命傷へ

過ちすら呑み込む尊い流れ
信じた静寂に映える未来視


宛てた空気に染まるように
混ぜた色彩で描く生き甲斐

その情景をあなたの窓辺へ
開け放つ残響は誕生の合図




















---------------------------------------------------------------------------------------------
【CUE】合図
【蟋蟀】コオロギ





2013.09.11 Wednesday

SPIRULINA


拝借した解釈など不要
良く噛んで召し上がれ

剥がれ落ちた化けの皮
明けの河に時代は流れ


異界を理解したならば
闇に染まることなかれ

茜空に響かせる君の声
未知なる楽曲と曲がれ




見知らぬ発色が煌めき
個体は光を覚え始める

陰陽から引用した魔法
砂糖の上で羽蟻は踊る


次回を期待するならば
良く噛んで召し上がれ

舌鼓は濃密な真実味を
巡り廻る業と水は流れ




















---------------------------------------------------------------------------------------------
【SPIRULINA】螺旋形





2013.08.28 Wednesday

BREAM


圧縮された肢体で泳ぐ未開
明白な清濁に欠け落ちる鱗

プロトタイプな進化の因果
銀河のほとりで流れる輪花


くるくる廻り狂い咲く報い
温い潤滑油が稲妻で溶ける

古い感度を知る旅に新しく
繰り返す呼吸は風を覚える




訪れる夕凪のモラトリアム
正解が停滞してうなされる

その蛇口から滴る森羅万象
揺蕩うように月は浸透する


信仰すら呑み込む赤い源泉
伝染した樹海に舞う水飛沫

圧縮された肢体で泳ぐ未開
祈りの瞳に映える淡い視界




















---------------------------------------------------------------------------------------------
【BREAM】淡水魚





2013.08.01 Thursday

SCENIC


君が大事そうに抱えてる窓
擦り硝子に縁取られた素直

麻のカーテンは揺れたまま
日向で眠る猫の夢を照らす


新しい旅の準備を済ませて
世界の枠に収まらない僕ら

不思議な感覚なら忘れない
既に視たことの在る白い雲




姿と形を変えながら流れる
豊かさ探しに胸踊るリアル

実り在る人生を謳歌するの
いつかの未来は懐かしい光


散らばる糧が粒子と煌めく
楽な枕で至る若気が笑えば

大人しくないらしさは開く
そこからの眺めに灯し火を
































---------------------------------------------------------------------------------------------
【SCENIC】良眺





2013.07.03 Wednesday

DEW DREAM


露知らず待ち焦がれた
朝焼けが淡く滲む窓辺

カゴメの唄で回る羽蟻
明かりと戯れ影を残す


伸ばした手で掴む空気
数奇な言葉と巡る呼吸

補充させた瑞穂の雫に
慈しむ眼差しが映える




覚めたほとぼりの淵で
滴り落ちた兆しの調べ

せせらぎと懐く煌めき
波間に漂う儚き在り処


溢れ咲く源泉で湧く夢
風を集めて浮かべる舟

露知らず待ち焦がれた
憧れは黄昏より深みへ




















---------------------------------------------------------------------------------------------
【DEW DREAM】夢露





2013.06.19 Wednesday

SKIP


マーブル模様の短波帯
甲高い声で鳴く始祖鳥

自己消化しては吐く唄
ただ昇華されて咲く管


シェールガスと舞う夢
資源で回す異次元の扉

こちらから開けば良い
キーならば灯台の下に




サークルすら不可思議
色んな異論が彩り逢う

利己主義に依る紙芝居
編み違いで笑うボタン


世界の掛け軸をごらん
鮮やかな影絵が踊る扉

どちらでも構わないさ
選んだ末に路は続いて




















---------------------------------------------------------------------------------------------
【SKIP】跳躍進行





2013.06.11 Tuesday

MURMUR


モチーフにしたドリームは
叶えられる旅フレアと踊る

もちろんそのつもりだらけ
積もる灰から生まれる恒星


妖精が歌うアンセムの先で
咲き誇り飛散する儚き光景

カラスアゲハがひらり舞う
あなたの好奇心は絶えない




続いて行く夢物語の途中で
フラグメンツが埋めるレム

どうにでもなるように鳴る
探究の深みから伝わるベル


その響きに間違いはないの
シンプルなのに複雑にする

それが応えと分かりながら
例えばの本音を知りながら




















---------------------------------------------------------------------------------------------
【MURMUR】連続音





2013.05.24 Friday

YET


充足した時間が満ちて行く
収束する蜜柑の終息は不明

意味や理由など考えないの
ただそこに月は浮いている


次の通り雨で濡れる紫陽花
飽きない種から発芽する夢

意志は自由な蔦と強くなり
伝わりながら詩は成長する




影響の影が響き渡る夕暮れ
静聴した幼い鼓動は輪舞曲

意味や理由など考えないの
まだともうを感じてるだけ


次の通り雨で雨宿りする髪
鍵を探す旅に虹が弧を描き

意思は自由な蔦と絡み逢い
確かめるように欠けて行く




















---------------------------------------------------------------------------------------------
【YET】まだ・もう





2013.05.09 Thursday

ABUNDANCE


穏やかな新緑と揺らめいて
朗らかな引力に導かれる道

満ち行く月に雲が吸われて
吐き出される沢山の在りか


確かなものは遥かの手前に
狭い暗いを通り過ぎて行く

浮く世界で沈む願いが届く
そんなの君が決めれば良い




曲がりくねり繰り返す鼓動
素行の歌に弾かれる遊牧民

日々の響きは風に好かれて
吹かれた息は地球の裏側へ


踊りながら芽生える春の音
蒲公英の綿毛が渡る青い空

穏やかな新緑と揺らめいて
細やかな尽力で僕らは廻る






















---------------------------------------------------------------------------------------------
【ABUNDANCE】豊潤





| 1/2PAGES | >>

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

search this site.

-->

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM