2012.12.22 Saturday

MAYA


まやかしの箱庭を滅ぼすの
月夜に流れた雲と赤い水脈

地球を覆う鮮明な光子の環
フォトンベルトが源を描く


ノストラダムスもホピ族も
預言の成就に生命を懸けた

夢は新しいサイクルを産み
海の最果てで空と契り逢う




再稼働させる物は何ですか
終末論が途方に暮れ染まる

闇に刺す星の瞬きは目映く
意識のシフトが音を奏でる


素手で救えば既に訪れてる
気づきと兆しが痛みを癒し

あなたの暦は希望と交わる
そこに真実味が降るように















---------------------------------------------------------------------------------------------





2012.12.11 Tuesday

ETHER


摩擦から産み出された宇宙
火も人も同じ様に誕生した

その手を伸ばして深く呼吸
電磁波の影が響き渡る前に


炭化水素と酸素原子の魔法
解けない森で空気を感じて

あなたの支柱は光と高鳴る
そして頭上で星が爆発した




弾けて飛散する音階の上で
奏でて叶えて讃美歌は続く

デカルトが存在を認めない
真空は想像で容易く煌めく


炭化水素と酸素原子の魔法
煙の先に咲く虹は消えない

摩擦から産み出された宇宙
そして視界で星が爆発した















---------------------------------------------------------------------------------------------
【ETHER】エーテル(蘭語):光の伝播媒質





2012.11.29 Thursday

HELIOLITE


美し過ぎて溢れた月の一雫
涙は厳かな聖地に染み渡る

静寂すら呑み込む純粋な熱
砂塵と舞い散る幼き素粒子


甲高く鳴いた始祖鳥が飛ぶ
名ばかりの進化論を嘲笑う

色を織る風に弾かれた鼓動
白日夢が確実に澄み広がる




覚めない夢と乳白色の奥へ
傷ついた両翼が消毒される

まるで色褪せない御伽の国
ほとりに湧き出す栄華の泉


あなたが浴びるものたちへ
燃え尽きない銀河の因果を

面白い影と黒い太陽は踊る
意志の丘に光を積み上げて















---------------------------------------------------------------------------------------------
【HELIOLITE】太陽石





2012.10.24 Wednesday

ladybug


ぱたぱた羽音が聴こえ来る
真綿と溶け行く意図が降る

岐路に垂らす緋色の糸屑は
在り来たりな風と弧を描く


願うより強く結界を弾いて
赤と黒の背中で鉄塊を壊す

反転した斑点はハート模様
あなたの空へ飛んで浮かぶ




天国なんて何時でも落ちる
宛ても果てもそんなの無い

感受性は何処を向けて居る
確かな明日が水鏡に映える


願うより強く琴線に触れて
朝と夜の背中で新鮮を懐く

反転した斑点はアート模様
佳那汰の空へ飛んで消える















---------------------------------------------------------------------------------------------
【ladybug】天道虫
【佳那汰】かなた





2012.10.03 Wednesday

SURVIVE


宙返りするひとひらの花弁
瓦礫の上では枯れ木が唄う

食らう真実味を消化させた
太陽になりたがる月と踊る


鉄葉で拵えた我楽多ばかり
気づけばそこには風が吹く

一息でどこまで続く星の刻
砂塵のメイズは果てしなく




仰向けのまま流れに委ねて
鬱伏せの光とどうにかなる

来た未知に近道など無くて
雨に濡れた種を萌芽させる


歯軋りすら糧に変えながら
美味なる日々と昇華しよう

宙返りするひとひらの花弁
瓦礫の上には枯れ木が残る















---------------------------------------------------------------------------------------------
【SURVIVE】残存
【鉄葉】ブリキ
【拵えた】こしらえた
【我楽多】ガラクタ





2012.09.19 Wednesday

BLUE BEAST


青い光を浴びた風と過ごす
いくつもの波紋が今を彩る

人生はまるで円を描くよう
どこかの獣が今宵も吠える


想像した月の形に新しい轍
旅は未来へと続いて行くの

その羽根ならまだ飛べるさ
もうすぐ鐘は錆びて朽ちる




手探りで霧の深い森を歩く
足取りは重く罪が降り注ぐ

焼きたてのパンの匂いすら
遮断するなら糧にならない


それでもあなたは脆くない
遠くても呼吸音が聴こえる

青い光を浴びた風と過ごす
どこかの獣が今宵も吠える















---------------------------------------------------------------------------------------------
【BLUE BEAST】青い獣







シルバーウィークは5年連続ラビリンスへ。
今年も心地好い自然と気候と笑顔に包まれ、
沢山の由縁を育むことが出来て最高だった。
ShedとSvrecaとPetarのDJが凄く良かった♪


“喜怒哀楽”のメンタルな領域を、大切な誰かとシェアしたいと想う気持ち。
その気持ちが行動力に変わり、信頼を育み逢う中で、領域は聖域へと変わる。
いつしか行動力は躍動感を生み、お互いが築き上げたかけがえのない聖域で踊る。
そこでシンクロする奇跡が感動を呼ぶ。奇跡はきっと、どこにでも有り触れている。





2012.08.31 Friday

BRILLIANT


玲瓏たる夜明けに染められ
栄光なる兆しと舞い上がれ

日射しを避けることなかれ
剥がれ堕ちた仮面は捨てて


有り触れた破片が散らばる
その中にも割れた水鏡にも

輝きは常に溢れているから
影絵と鮮やかに踊れば好い




精巧なる物語など皆無なら
ライムから核心を搾取して

悪循環なら拍手は響かない
深く刻まれた虹は滲まない


痛みも過ちも無垢に報われ
巡り来る月が次を引き連れ

玲瓏たる夜明けに染められ
迎合した羽根は舞い上がる















---------------------------------------------------------------------------------------------
【BRILLIANT】玲瓏
【玲瓏】れいろう
【迎合】げいごう





2012.08.16 Thursday

SPOON


氷結させない情熱が萌えて
干からびない向日葵と唄う

嗄れた声でも荒れた手でも
根も葉もない絵を描写して


照射された光景に立ち眩み
恒星は旅の果てに爆発する

あなたは破片を拾い集めて
彼方へ続く螺旋と舞い散る




波は繰り返し地表を濡らし
匙を塗り直し肥料を蓄える

器に浮く花がくるくる回る
狂い咲く傘で放射能を凌ぐ


偲びの窓には命の煌めきを
恒星は旅の果てに爆発する

あなたは破片を拾い集めて
彼方へ続く螺旋と舞い散る















---------------------------------------------------------------------------------------------
【SPOON】匙
【匙】さじ





2012.07.24 Tuesday

HALATION


眩みの揺らぎに溶けて行く
感光層で羽虫と戯れる午後

湿り気を帯びた風に吹かれ
刹那色の兆しは舞い上がる


弾けて消えて繰り返す再生
開いた円環を研ぎ澄ませて

手鏡の世界で絵葉書を贈る
空想の産物が息継ぐように




方向性を無垢に示す光合成
宛先のない呼吸と糧を育む

糸を結う営みに人は絡まり
解れてはまた色を織り成す


鮮明な記憶は延命の波動に
感光層で羽虫と踊る夜明け

沈下した因果は熱に浮かれ
原色の日射しが降り積もる















---------------------------------------------------------------------------------------------
【HALATION】強い光が当たる場所の白いぼやけ





2012.06.20 Wednesday

PROVOKE


もう既に手にしてるけれど
まだ直に触れようとしない

いびつな秘密を散らかして
それでもデモは続いて行く


明らかなエゴが風に吹かれ
疲れたとしても侮るなかれ

流れ星が弾丸に変わる中で
風穴から開拓させる白い影




もう素手で触れても良いの
まだ腕枕が必要なレムなの

まどろむ熱病でうなされて
それでもテロは続いて行く


明らかなゼロと風に吹かれ
恩返しを忘れることなかれ

沈み込む糸は水面に浮かれ
今日も人は自然に生かされ















---------------------------------------------------------------------------------------------
【PROVOKE】触発
【侮る】あなどる





| 1/3PAGES | >>

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

search this site.

-->

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM