2011.12.23 Friday

STAREY


日の下に生まれた星は閃き
火の元に滅ぶまで人は歌う

戒めの十字架が揺れ交じる
記憶に正しい鮮明なかたち


果たして次は在るのですか
借り物の月で狩る者は問う

無用の仕来たりが壊れ行く
都合の良い空虚は瞳の奥へ




吸い込まれて吐き出されて
繰り返す日々に描く相関図

傍観するなら防寒は必須と
寒がりな熱が今日も弾けた


消えてしまう吐息のような
刹那が愛しく感じるくらい

日の下に生まれた君は煌き
意味すら呑み込む光になる















---------------------------------------------------------------------------------------------
【STAREY】星人の光







May peace, joy and happiness be yours this Christmas.





2011.12.15 Thursday

JENGA


これからが本当のはじまり
ぼくたちは空へ積み上げる

いびつなかたちもある中で
塔は成層圏を突き抜けてく


喋り返さない静けさ揺らぎ
ねえ次はきみたちの番だよ

安全に置いてやさしく高く
あの鳥がくわえてゆく前に




だれも息を吹きかけないで
集中してるから真剣なんだ

ほらそこやたらと眩しいよ
ただぼんやりしてるだけさ


向こう側は見えなくて良い
ねえ次はきみたちの番だよ

サンタクロースの煙突から
ドライアイスが溶ける前に




真っ逆様に壊さないように
あの鳥がくわえてゆく前に















---------------------------------------------------------------------------------------------
【JENGA】スワヒリ語で「組み立てる」





2011.12.06 Tuesday

BLACK MILK


白い吐息が舞う午後の箱庭
くたびれた容れ物に淹れる

甘くて苦い珈琲で遊泳した
ハトとカラスは濡れたまま


微睡みの彼方で羽を休めて
アンビエントを聴きながら

レムの世界でエールを贈る
あなたの望みが叶うように




陰と陽のバランスを大切に
にぎやかな未来が届いたら

これまでより遥かに飛べる
時が許す限り晩餐会は続く


揺らがないゆとりを愛でる
心地好さの象徴は何ですか

答を証明するように生きて
砕けたリアルの意味の中で















---------------------------------------------------------------------------------------------
【淹れる】いれる





2011.11.29 Tuesday

TIGHT ROPE


その瞳に映るどれもが現実
背けず濁らずいつでも肯定

何て完璧な人など存在せず
今日も魅力を磨く切磋琢磨


豚は鼻息の荒さで塵まみれ
心まで化粧することなかれ

回れ右で右脳にちょっかい
しょっぱい血潮エゴまみれ




開拓精神は磁場に毒されて
転落する午後もあるけれど

ちいさなバランスを共鳴に
泣き笑いを繰り返しながら


未来に渡したい私を運んで
追憶に渡さない形を育んで

サーカス小屋の観客に笑う
道化師は舞台の転換に急ぐ















---------------------------------------------------------------------------------------------
【TIGHT ROPE】命綱





2011.11.11 Friday

With A Will


覚えたばかりの世界はどう
こうしてひとつ記憶になる

気後れしてたら乗り過ごす
あの合図で架空を蹴るのさ


いつの頃か想像した未来が
目の前に居るのに気づいて

変わらないものを仰いでは
大人しくないらしさと吟う




また違う感覚で帰る場所が
どうか健やかで在るように

くたびれた消印だとしても
忘れたくない鼓動を届けて


マシンガンも羅針盤も不要
鮮やかな風に身を委ねよう

想い出したこの世界はどう
こうしてひとつ意欲と吟う















---------------------------------------------------------------------------------------------
【With A Will】意欲的に
【吟う】うたう





2011.10.29 Saturday

HALLOWEEN


緑が黄昏に染まり血を流す
乳白色の讃美歌を聴かせて

どうにかなる響きが鳴る朝
明後日の銃はいびきを描く


芳しき南瓜で満たされる闇
暗雲のほとりから届く稲妻

慈しみの雨が土に滲み渡り
真昼の月より蝙蝠は冴える




生き返る肢体を抱きしめて
鼓動が途切れて仕舞う前に

古惚けた杖を夕陽に溶かし
お菓子の家で甘美と微睡む


その内に円盤が雪を降らす
煙突から立ち昇る君の楽曲

鮮やかな音階で解れる繊維
戦意すら編み込まれて行く















---------------------------------------------------------------------------------------------
【芳しき】かぐわしき
【南瓜】パンプキン
【蝙蝠】こうもり
【微睡む】まどろむ
【解れる】ほぐれる





2011.10.18 Tuesday

MOMENT


ふと立ち止まる瞬間の中で
あなたのことなど想うのだ

脳裏に焼きついた心象風景
鮮明に甦る在りし日の陽炎


沙漠で墓標となる体温計は
揺らぎの熱を浴びて溶けた

過ぎ去りし果敢なさが遍く
未来の手前で遠吠えする命




清きものが汚れと交じりて
仄かな歴史は刻まれて行く

粒子と埃を織り成しながら
眩しき余韻に耳を澄ませば


たゆたう呼吸が閃きを運び
既視感はほとぼりの彼方へ

休む間に因果すら進化する
たてがみの夢を連れたまま















---------------------------------------------------------------------------------------------
【MOMENT】刹那
【遍く】あまねく
【仄か】ほのか





2011.10.08 Saturday

NO SPECTATOR


めくるめく表現が飛び交う
飼い慣らされないものたち

不変の神話は音を立て崩れ
そこには野鳥が舞い降りる


ただ僕らはやり過ごさない
傍観する時代はもう終わり

黄昏の鐘楼が鳴り響く午後
静かな炎は青白い夢を偲ぶ




何度も到達してはまた儚く
指の隙間を風が吹き抜ける

それでも残る確かな温もり
保護区に指定されない渓谷


老眼鏡をかけた兎が跳ねる
月の夜はやすらかな童話を

狼煙はゆらり星を目翔けて
かけがえのなさと散らばる















---------------------------------------------------------------------------------------------
【NO SPECTATOR】傍観者になるな
【鐘楼】しょうろう
【偲ぶ】しのぶ
【渓谷】けいこく
【狼煙】のろし





2011.09.30 Friday

SIGNAL


まったくあなたって人間は
どうしてそんな風に笑うの

あどけなさを汚してまでも
手に入れたいものは在るの


青い争いのあとには静かな
赤い流れが黄昏色に染まり

また今日も信号は点滅する
低い雲を押し退けるように




まったくあなたって人間は
どうしてそんな風に渡るの

ありえないことが溢れては
危うさと綱の上でバランス


誇らしく無垢に生きてこそ
今だからわかることが在る

気づきは魔法の言葉だから
ありがとうを築いて行こう




また今日も信号は点滅する
低い雲を押し退けるように















---------------------------------------------------------------------------------------------
【SIGNAL】信号





2011.09.06 Tuesday

VECTOR


渡し船が向こう岸へ消える
私の行方も知る由などない

異次元はなきにしもあらず
吸い込まれた星から届く光


それは既に訪れた場所から
未来の先まで結ばれる輝き

ありきたりな瞬きひとつで
表現をくるり宙返りさせる




誰にでも信じるものがある
夢重力に限界は存在しない

理解には良し悪しなどない
本当の姿で豊かないつもを


その時はもうそのことだけ
たとえ涙で視界が滲んでも

生きた瞬間を実感させよう
よろこびは常に循環してる















---------------------------------------------------------------------------------------------
【VECTOR】運ぶ者





| 1/5PAGES | >>

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

search this site.

-->

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM