2010.12.29 Wednesday

TANGERINE SYRUP


もうこんなところまで来て
まだあんなことを想い描く

曖昧な浪費が尽きないなら
月並みの夢を叶えることさ


いつの間にか忘れてしまう
記憶に残りたいだけだから

絶えず変わる姿や形よりも
確かなものに惚けているよ




まるで赤橙色の蜜を運ぶ蜂
甘美な花と咲き誇るように

うまく生きれたら良いのに
因果なんて銀河に散らして


混沌でもひときわ輝く星に
とびきりの名前をつけよう

届かせるひたむきな呼び声
どこにいても肯定する世界




もうこんなところまで来て
まだあんなことを想い描く















---------------------------------------------------------------------------------------------
【TANGERINE SYRUP】赤橙色の蜜





2010.12.22 Wednesday

SERENDIPITY


足許から伸びた軌道を忍ぶ
姿を消す術はもう使えない

将来を紹介してくれないか
招待された正体は生涯の謎


世界は不思議なことだらけ
霧雨に混ざり降り注ぐ兆し

日射しに霞む疑問符の群れ
解く鍵は錆びない好奇な心




真似して学び自分の色彩を
生きたいと想える閃きの中

重要な声に耳を澄ませたら
常識より正直な本能のまま


踊る言葉で望みを聴かせて
叶えるように日々と大人へ

機会を繋げた時代の旋律が
必然な鼓動に変わるように















---------------------------------------------------------------------------------------------
【SERENDIPITY】ふとした偶然をきっかけに閃きを得て、幸運を掴み取る能力





2010.12.10 Friday

HEART STRINGS


あなたたちはただ過ぎ去る
そんな風に風の中ひとりで

風化させたものが埃と舞う
砂塵の彼方には月が浮かぶ


心境は荒野よりも広い場所
神妙な表情ならば微笑みを

木洩れ日に照らして揺らす
夕焼けに落葉が染まるまで




紐解くように手繰り寄せて
愛でる樹齢を抱きしめたい

空白に描いた色褪せない春
どうか暗がりで塞がないで


寒がりな熱でも上がる狼煙
ゆらり星に届くから感じて

純朴過ぎるあなたらしさを
朝焼けに余韻が溶けるまで















---------------------------------------------------------------------------------------------
【HEART STRINGS】琴線に触れる
【狼煙】のろし





2010.11.30 Tuesday

BOND OF MIND


絆創膏を膝小僧に貼る青春
狩る獣が獲物を捕える様に

今そこに在るものと歩く影
あなたの味方がする恋の味


仕方のないことだと想えど
不思議と運命には抗えない

枯れ行き朽ち果て乾いても
変わらず水をあげ続けよう




傷口を化膿させない可能性
愛情で誰よりも強くなれる

想い出になりたがらない旅
記憶はあなたと踊りたがる


お気に入りの戯曲に乗せて
閃きと温もりに言葉を癒し

蔦を伝えて繋がりを育んで
裸足の証を知る人と記そう




絆創膏を膝小僧に貼る青春
あなたの気配を感じた刹那















---------------------------------------------------------------------------------------------
【BOND OF MIND】心の絆
【蔦】つた





2010.11.20 Saturday

RELIEF BELIEVE


何もない異次元で彷徨う光
痛みに似た感覚はもう彼方

放たれる原色の安らぎの中
まるで生まれたばかりの私


裸足で駆け抜けた風の記憶
地獄も天国も絵空事の戯れ

憧れ黄昏ただ泡沫の蜃気楼
あなたが信じた理想と踊る




砂漠が果てしなく続く夜は
星屑に弱さを照らして眠り

ひとり祈り静寂と向き逢い
湧き上がる情熱で時を積む


年を重ねる旅に人は交わる
意図せずとも運ばれる運命

永遠は無限に色褪せず廻る
あなたの豊かな希望の奥で















---------------------------------------------------------------------------------------------
【RELIEF BELIEVE】信じることでほっとする





2010.11.11 Thursday

SYNTHESIS


君にしてあげられること
恒星のように見守ること

合成するものたちは輝く
光の群れが残像を記して


悪戯な隻影と踊りながら
明らかに埃を染めて行く

弾ける粒子で瞬く間の夢
君にしかあげられない詩




星は消滅するものだから
時は情熱を灯す蝋の溶解

宇宙の闇が果てないなら
華やかな爆発を迎えよう


飛散した破片は風に乗り
細切れの世界に注がれる

弾ける粒子で瞬く間の夢
讃美歌は今日も鳴り響く















---------------------------------------------------------------------------------------------
【SYNTHESIS】合成





2010.10.30 Saturday

DAILY BREAD


ふらつきながら暴いてゆく
不透明な茂みを掻き分けて

もがいた分だけ進んでるか
確かめる術もまだ知らずに


別ち逢う様々な意識の途中
水面では蓮の花が揺らめき

その上を夜光虫が飛び回り
羽音は川の流れに消される




消耗した日々の燃料たちへ
あらゆる糧を響かせながら

速まる鼓動が証に変われば
過ちすらも未来で報われて


華奢な魂は夜明けの風景と
あどけないくらいに彷徨う

運ばれたままの煌めく実り
それは和やかなただの祈り















---------------------------------------------------------------------------------------------
【DAILY BREAD】日々の糧





2010.10.16 Saturday

AGREEMENT


ひと呼吸して生きてる実感
疾患を酷くさせるのは失陥

失う物達の数だけ得る物達
立ち話もなんだから座りな


二度と戻れないかも知れる
然も当然の様に息をしてる

革命をまた起こすんだろう
甦生術は踊りを描く駒の様




来たる者達が物語を狂わす
敵も味方もはじめから無い

僕らの体内の宇宙での戦い
世迷い言まで飛び出す始末


暇潰しに火祭りする旅人へ
飛沫は彼方のあなたと供に

影を受け容れたなら心呼吸
呼び声は永遠に記憶の弦に




有限の現実で生きてる実体
器も皿も血を巡らせる本体

息が続く様ならばまた踊る
鼓動は弾かせるために在る















---------------------------------------------------------------------------------------------
【AGREEMENT】呼応
【然も】さも





2010.10.05 Tuesday

WEATHER LIZARD


恵みの雨が赤裸々に染まり
辺りは明かりで灯り始める

桃燈色した鮟鱇が泳ぐ夕べ
金木犀から雫は滴り落ちる


夢遊病の群れを掻き分けて
あなたを探しに行けたらな

翡翠の涙を流す蜥蜴は独り
祈りながら夜明けを迎える




青光した尻尾で黄昏と踊り
緑の瞳へ朝焼けを映し出す

鱗雲は艶やかに虚空を讃え
時々千切れながら嵐と歌う


深海魚に逢えた夏が終わる
琥珀を綴じ込めた蜜月の宵

稲光した尻尾の蜥蜴と契り
辺りは明かりで灯り始める















---------------------------------------------------------------------------------------------
【WEATHER LIZARD】天気蜥蜴
【桃燈】ちょうちん
【鮟鱇】あんこう
【金木犀】きんもくせい
【翡翠】ひすい





2010.09.23 Thursday

EASILY AMUSED


組み木が燃える賢者の森で
曲がる枝は細かな灰まみれ

踏み切りに遮断された蛍火
炎の揺らぎと日々を重ねて


久遠の夢を歌う鳥に煌めく
一瞬の生命が焦げ跡を残す

信じた物語は今より自由で
夜明けの情景を綴りたがる




気配の砦に独りで閉ざされ
過ちに捕われることなかれ

理解の時代は星霜を超えて
記憶の麓へ降り積もるだけ


無垢な好奇心を騒がせては
飼い慣らされない羊と飢え

また踊れる芝生に寝転んで
脳を空かせてあの雷を待つ















---------------------------------------------------------------------------------------------
【EASILY AMUSED】どんなことでも面白がる





| 1/4PAGES | >>

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

search this site.

-->

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM