2007.12.27 Thursday

絵空事


その手で描くモチーフ
まだ未知なるドリーム

パレットに注いだ好奇の色
何の前触れも無くすぐ渇く


新鮮な水で混ぜ逢わせる
自分の位置は二分の一で

もう半分は旅ばかり
昨日は南で今日は左




光を啓示と呼んでから
その手で挑む今を知る

つかんだタイミングと流れ
日々の真ん中で運命と踊れ


ささいな兆しに微笑みを
あなたに日射しと幸せを

そう心に強く願えば
絵空事は叶えられる










--------------------------------------------------------------------------------------------------------
【渇く】かわく
【啓示】けいじ
【兆し】きざし


2007.12.21 Friday

DEEP PLAYA


深いのがお好き?

ならお互いに仲好く
不快にならないよう

奥まで共に浮き沈もう


負荷に応じればそこに
未熟な魂が浮遊して

不完全さを身篭る体は
果てしなく沈殿する




でも祈る言葉は汚れず
親しみと絡み逢い

泣き笑う起源に依せて
穏やかな風が心に吹く


ありのままの相思を
尊重したいだけだから

それで世界は回るから
孵化させた愛と遊ぼう










--------------------------------------------------------------------------------------------------------
【身篭る】みごもる
【沈殿】ちんでん
【孵化】ふか


2007.12.10 Monday

ロザリオ


ぽちゃんと意思の滴りが
繊細な泉へと澄み広がる

そこはきれいで美しくて
汚してはいけない場所で


やさしい水面に映るのは
世界の調和とクロニクル

誰もが誰かを犠牲になど
本音はしたくないけれど


素顔で泣いてる人がいる
胸を痛めて夜明けを待つ

そこに泥を落とされても
気着かず微睡む影の群れ


あなたに揺れるロザリオ
清らかな光を護らせ給え

差し伸べた手に明るみを
やがて泡沫が満ちるまで










--------------------------------------------------------------------------------------------------------
【滴り】したたり
【気着かず★】きづかず
【微睡む】まどろむ
【給え】たまえ
【泡沫】うたかた


2007.11.29 Thursday

冬眠太陽〜hibernate sun〜


木枯らしに丸まる背中
太陽を逆撫でさせたのは誰?

季節のしわざとうなずいた
そこに温もりが宿ったから

冬の入口に立ち並ぶ
寒がりな明かりはいつかの陽炎

空気が澄んで来たから
そろそろゆっくりおやすみ


枕をあげるよ
夢で踊ろう


懐いた想い出も連れてけば?
僕らはそれでも生きるから


鮮やかに染み込んだ
夏草の匂いをまとって

crocsのサンダルから
湯気が太陽に吸い込まれて行く


揺らめきながら
漂いながら


月はその空模様を見送って
乳白色の吐息をそっと吹きかけた










--------------------------------------------------------------------------------------------------------
【逆撫で】さかなで
【陽炎】かげろう
【懐いた】なついた


2007.11.13 Tuesday

明日


誰にでも訪れる希望が在る
それは名も無い透明な明日


ただ明日を想うだけで
心の廃墟に光は射す

ただ明日が在るだけで
流した涙は報われる


過ちは過去
想い描いた将来は今


上手く行かない今日なら
快眠を愛すればいい

気持ちはどんな歴史にも
色濃く残るものなら

明日は何色のクレヨンを選ぼう?


漠然としたイメージをつなげて
僅かでも明るみをその手で彩れば

時と共に景色は変わる
日々は僕らに味方する


ただ明日が在るだけで










--------------------------------------------------------------------------------------------------------
【廃墟】はいきょ
【報われる】むくわれる
【漠然】ばくぜん
【僅か】わずか


2007.11.04 Sunday

ハトノハバタキ


稲穂をくわえた白いハトが
僕の頭の上を旋回した日

ひとつの戦いが静かに終わった

銃声はもう聴こえない
澄んだ鐘の音だけが響き渡る

大きな虹が架かる方へ


いつの間にかハトは新たな空を目翔け
更に高く飛び発っていた

ふと足元を見ると稲穂が落ちていて
僕はそれを拾い上げた


空からの贈りものはきっと道しるべ
栞にして大切な心にそっと挿もう

光が弾けた佇みのほとりで今
強い風が吹くのを感じたまま










--------------------------------------------------------------------------------------------------------
【目翔け★】めがけ
【栞】しおり
【挿もう】はさもう


2007.10.30 Tuesday

BELIEVE


宇宙人を信じてる君を
信じてる心のはじまり

今は空だって飛べるし
奇跡や魔法も起こせる


旅路に虹が架かったら
獣のように笑顔で踊り

銀河で星が火照ったら
自由の民と平和を唄う




叶わない夢なんてない
信じてる限り夢は続き

恩恵に感謝を弾ませて
永遠から吹く風を抱く


何かを犠牲にせずとも
君との未来は花が咲き

鮮やかさに染められて
安息の住処へ辿り着く










--------------------------------------------------------------------------------------------------------
【火照ったら】ほてったら
【住処】すみか


2007.10.19 Friday

本来


明るみに素顔を晒して
本来の自分を取り戻す


忘れかけてた新鮮な心
陽光と戯れたまま懐く


在るべき姿はいつでも
現在と呼吸してるのに


人は傷つき易い生物で
塞いだり偽りを覚えて


心地好い空気や情景を
見失いそうになるけど


意味や理由はそれでも
青空に浮かんでるから


手を広げて深呼吸して
本来の自分を想い出す


するとあなたらしさが
再びの目覚めと弾けた










--------------------------------------------------------------------------------------------------------
【晒して】さらして
【懐く】なつく
【現在★】いま
【易い】やすい
【塞いだり】ふさいだり


2007.09.28 Friday

STANDARD


見失うことや
聴き逃すことで
言葉足らずになる


がんじがらめの声が
救いや応えを求めては
虚空でふるえる


途方に暮れても
路頭に迷っても
それでも明日は来る




行方知れずの今なら
開き直ってしまえば
どこへでも行けるってこと


背景まで考えるのに疲れたなら
良く目にするものだけ
見つめつづけよう


自然と笑顔がこぼれるから
その時の自分を基準にすれば
悩みという名の霧は晴れる










--------------------------------------------------------------------------------------------------------
【虚空】こくう


2007.09.05 Wednesday

交流


時には羽目をはずして
滑稽な戯れに暮れよう


宵闇に馴染む負傷さえ
星屑の記憶と遊ばせて


神経の波動に惚けたら
誰かや何かと頷き逢う




交流の果てに生まれた
新しい感覚は君のもの


自信を秘めた背中には
目映い朝陽が降り注ぐ


そして羽根を伸ばして
自由な大空へ翔けよう










--------------------------------------------------------------------------------------------------------
【滑稽】こっけい
【宵闇】よいやみ
【馴染む】なじむ
【惚けたら】ほうけたら
【頷き】うなずき
【目映い】まばゆい
【翔けよう】かけよう


| 1/2PAGES | >>

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

search this site.

-->

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM