2017.06.20 Tuesday

Forestar

 

 

 

 

 


感性が繁栄した森

歓声も反省も巡り


喝采と伐採の風で
淡麗な安寧を糧に


レムの丘より仰ぐ
瞬く狼煙で羽搏く

 

 


星は時に戀と流れ
詠み名に心を象り


雄叫び木霊する慧
腹上で復唱する鳥


切り株の蔦を抓み
生い茂り咲き誇り

 

 

 

 

 

 

 

 


2017.06.03 Saturday

Burial Chamber

 

 

 

 

 

 

ミサイルが飛来する
動物の上に君の胸に

 


ミサの時も惑う星も
放物線を描いて眩む

 


虹色は幼い夢の象徴
平和と幻が懐く状況

 


境界すら既に素手に
今日も空は暮れ行く

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

                                                                     【 Burial Chamber 】玄槨

 

 


2017.05.23 Tuesday

FLAP

 


青い鳥を仰いだ日
眩む森で萌える火



儚げな朝焼け咲く
飽くなき夢の爪痕



深刻な沈黙は光源
無垢な報いと巡り



研ぎ澄み解き放ち
風の羽で癒え抜く


 

 

 

 



 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


2017.05.02 Tuesday

dande lion

 

 

蒲公英の綿毛が回る
くる来る引力と笑う



芽吹きの新緑は騒ぐ
わく湧く彩音を放つ



まるで放課後の口笛
伸びる影法師に月夢



心地好く仰いで憩う
希望の景色と和む様
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

dande lion 】蒲公英

 

 

 

 

 


2017.04.16 Sunday

詩記

 

 

 

人生を四季でたとえるならば、
生まれたときを初春としよう。



十代から二十代は思春期の春。


三十代から四十代は黎明期の夏。


五十代から六十代は熟練期の秋。


七十代から八十代は桃源期の冬。



九十代から幾星霜は

きっと夢望美な季節



今の私は四十歳なので詩獣。
つまりは四季で云えば真夏。



誰もがやがて死期を迎える。
ただそれまで士氣は燃える。



太陽に溶けない翼で飛ぼう。
神話の誰かより氣高く強く。



そんなところで何してるの?
鳥の鳴き声が聴こえて来る

 

 

 

 

 

 

 

 

 


2017.04.10 Monday

ASH

 

 

氏名に宿る使命を明かす
綺麗な遺影が咲く日まで

 

空白は風待ち月の削り火
雪溶け揺蕩う無二の予報

 

呼び声ざわめき弾む鼓動
素行も模倣も路傍で鳴く
 



 

吐く息に祈り実り煌めく
美景な地平に桜藍色の炎

 

萌え眩む時空で生む呼応
初めから自由は舞い踊り

 

氏名と仰ぐ使命を果たす
理解の遺灰と逢う日まで
 


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


2017.04.04 Tuesday

Already

 

 

愛の詩を描いて憩う
志向も希望も未曾有
 


ハレルヤ風は映える
凛と逢う苗を撫でる

 

夢の蔦で世界へ偲ぶ
ここには既に存在し
 


音階より花は巡りて
仰ぎ咲き叶え給う光

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

https://camp-fire.jp/projects/view/21729

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

 

 

 

 

 


2017.03.20 Monday

WE LOVE BANSI

 

 

 

 

 

 

Dance wiz a SPUN T-shirt that

BANSI gave at IBIZA 12 years ago.

 

 

We Love Bansi

http://floormag.net/bansi_gms_donation/

 

 

 

 

Sweeeet Memory

http://blog.freelife77.com/?eid=431242

 

 

 

 

 


2017.03.11 Saturday

NECTAR

 

 

淡い綿雪が揺蕩う細道

深々と心身と会話する


 

界隈には本能と煩悩が

陰陽を引用して溶ける

 

 

惚ける狼煙に月が咲く

太陽と同化させて謳歌

 

 

どうかしてる君の桜花

舞い踊りほろり満ちる

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

NECTAR 】甘露

 

 

 

 

 

 

 

 

祈りと希望を込めて。。

 

 

 

 

 


2017.02.10 Friday

GAZE

 

 

 

表現に条件など皆無
裏すら来夢への了見

連なる野花は浮上線
不乗船のノアが発つ


動物から先に並ぶ列
放物線を描く虹の熱

氣化して瞬き羽搏き
コアな洞穴を翔ける




褪せず彩る希望の雪
ぷちぷち舞い踊る縁

打ち出の小槌が響く
リズムとライムの空


ほらもう冬の夜明け
コアなノアは宇宙へ

乗船に条件など皆無
合図は仰天と夢中で

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

GAZE 】仰視

 

 

 

 

 


| 1/65PAGES | >>

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

search this site.

-->

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM