2020.09.16 Wednesday

MEOW

 

 

 

猫撫で声で奏でる音色
毛糸と織り成す手毬歌

 

 

宵澄み透き通る讃美歌
半開きの窓から放つ蔦

 

 

砂の熱より昇華する風
鐘が鳴る蜃氣楼の奥で

 

 

羽を広げ狼煙に咲く糧
種と彩る朝焼けの果て

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


2020.09.03 Thursday

FLOWER

 

 

 

華やかに咲き誇る瞳
祈り給う夏の終わり

 

 

生温い風に響く猫背
月を仰ぎ姿勢を正す

 

 

叶え高鳴り翔ぶ花奏
永遠は近く心に宿る

 

 

君を憶えて忘れない
沁み澄み溢れ万華鏡

 

 

マンダラの真ん中は
淡く美しい天使の輪

 

 

和らぎの太陽に溶け
愛でる笹舟と揺蕩う

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

愛猫ハナに捧ぐ


2020.08.29 Saturday

ハナ

 

 

 

8月26日、愛猫ハナが永眠しました。

20年以上生き抜き、最期は老衰で大往生で、
綺麗で、美しい姿で、天国へ召されました。

逝く前の晩に、シャワーを浴びて出るとハナが、
初めてバスマットの上で待っててくれてました。
腎臓が弱くなり、食欲が無くなってたハナは、
最期にチュールをぺろぺろ食べてくれました。

ハナにとって、自分が3代目の飼い主で、
約8年間、共に暮らせて幸せな日々でした。

一昨年の11月に動物病院で健康診断を行った際、
腎臓機能低下の為、週一で点滴が望ましいと。
しかし籠に入れ、車移動はハナのストレスになり、
母と先生と話し、通院では無く食事療法の改善を。

それから処方された朝晩2回、3種類の腎臓薬と、
療法用の食事で、1年9ケ月も生きてくれました。

痩せ衰えて行く中でも、瞳の輝きも笑顔も失わず、
可憐に生きたハナの勇姿は、尊敬の念と感謝です。
生命力と癒しが華やかに咲き誇る、実に凄い猫で、
宝物の様な時間と極彩色の記憶を沢山貰いました。

コロナ禍ステイホーム期間中や、お盆休みと、
最期までハナとずっと一緒にいれて良かった。

母と電話中にふと見た車のナンバーが87-39で、
通話後のバッテリー残り容量が87%だったり、
絶妙なタイミングで通り雨が降り止んだり、
ハナにお供えした水が、翌朝減っていたり…

自然とリンクする事象に不思議なハナ感覚。
裏の神社はハナの庭で、よく一緒に散歩し、
お賽銭箱の影からひょっこり顔を出したり、
神木にマーキングしていたハナを思い出す。

 


優しくて、あたたかくて、すべてが可愛くて、
かまってちゃんだけどツンデレで、お茶目で、
甘美な匂いと鳴き声で、花の様に凛としていて、
神色自若で、とっても良い子だった愛するハナ。

肉体は永眠しても、忘れることは無いので、
尊い存在は自分が死ぬまで心に生き続ける。

故に、ハナの魂は永遠に不滅です。
声が嗄れるまで泣いた夏の終わり。

命は儚く尊いものだと、久し振りに痛感しました。
生きているうちに、大事な存在を大事にしよう。

 


今までハナを氣に懸けてくれた皆様、
この旅は、ありがとうございました。

これからもずっとハナは、
かけがえのない家族です。

ハナ、ありがとう。

ずっと愛してるよ。


冥福を祈りながら。

 


2020.08.15 Saturday

CHANT

 

 

 

青々とした空を仰ぎ見
ハロ日々入道雲ひとつ

 

八月の諍いは見境無く
泣く鳴く鍾乳洞ふたつ

 

 

葉月の花火が天季超え
静々と悲しみを癒やす

 

三つ四つ数えるまでに
倍音で咲く蝉を讃えて

 

 

凛々とした笑みで五つ
慈しみの風鈴を揺らし

 

六芒星で七転び八起き
葉月の晒し美を知らす

 

 

九つの流星に叶え給う
宵々とした黄泉の時で

 

詠み存える蜜柑の森へ
ハロ日々彼岸花ひとつ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


【 CHANT 】シュプレヒコール


2020.07.28 Tuesday

GOATS

 

 

 

山羊の丘で欅が揺れる
風見鶏はクルクル廻る

 

 

スコールに濡れ天宿り
袖口から滴る虹の兆し

 

 

嵐の渦中は閃く花柱を
茶と煙草で一服スカル

 

 

頭蓋骨に夢望美に咲く
リアルとひらひら舞う

 

 

山羊の丘で雲間に射す
白実夢とクルクル踊る

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


2020.07.16 Thursday

Objecter

 

 

 

代わる代わる変わる
宵色の依代が揺蕩う

 

 

仰ぎ視えた陽炎の跡
浄化も昇華も掌の上

 

 

茶化した釈迦の蓮根
蔦は歌を養分に踊り

 

 

幸運の光雲へ高鳴り
代わる代わる変わる

 

 

様々な雨粒を散らし
明から様な虹に酔い

 

 

晴れて映えて跳ねる
戀色の依代で冴える

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


【 Objecter 】よりしろ

 


2020.06.28 Sunday

Renewal

 

 

 

満ちる月から初まる
丸く和やかな風向き

仄かな兆しに導かれ
響きの光と紡ぎ逢う


叶う指は踊るように
世界の輪郭を縁取り

願いと絵空事に触れ
新月を芽懸け欠ける


伸びる爪から月詠み
繰り返す満ち欠けへ

育む弓で眠るように
何度も人は咲き誇る


祈りの火を灯し続け
仄かな日射しと廻り

描いた心拍は波打ち
真実を彩り織り成す

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


2020.05.31 Sunday

tadpole

 

 

 

帰る途中で真似る呼吸
跳ねる魂が映える蘇流

 

 

音符の姿で豊かな波紋
ゆらゆら水面の遊泳士

 

 

夕景に浮かぶ下弦の月
破片を弓で弾く風星美

 

 

夜明けの尻尾は色濃く
時代を奏で未来を叶え


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


【 tadpole 】おたまじゃくし


2020.05.05 Tuesday

STIRPS

 

 

 

カンガルーの幼き群遊
鑑みる跳ね方で生む羽

 


影絵に吹き荒れる薫風
勘も感覚も新緑の杜へ

 

 

サンダル踏み鳴る息吹
羊の暗躍は引力の宙へ

 

 

ヤンバルの歌に導かれ
鑑みる飛び方で浮く種

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


【 STIRPS 】種

 

https://www.taneomamorukai.com/


2020.04.15 Wednesday

ZINC

 

 

 

目眩の果ての世界の鐘
どこまでも高鳴り響く



日々の亜鉛で喉を潤し
明から様な破片を笛に



叶える様に奏でる音色
毛糸が絡まり風と泳ぎ



遠く深く木霊は回帰し
どこまでも高鳴り響く



願いの果ての世界の羽
冴え澄み渡り糧へ化る

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


【 ZINC 】亜鉛


https://ameblo.jp/sedonanaworld/entry-12588465570.html


| 1/74PAGES | >>

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

search this site.

-->

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM