2017.11.10 Friday

mur mur

 


このあたりの物語
明かり暗がり和解


木の葉が土に還る
有り難う恵み巡り

 


授かり給う讃美歌
奏で逢う旅音の紬


紡ぎ織り成す物語
上がり下がり弾む

 

 

 


ドレミファソラシ
どの空で遊泳飛行


志向は旋律と彩り
虹色の山彦が響く

 

 

このあたりの物語
浮き沈み流れ渡り


オルゴールを廻す
星の時の淡い余韻

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


【 mur mur 】
風や星が揺れる擬音語

 

 



 


2017.11.04 Saturday

ALL ONE

 

この旅、FLOOR NETでも
Oregon Eclipse Gathering 2017
記事をピックアップして頂きました。
未読の方は、Chill Outがてら
夢望美な瞳でご覧くださいませ★

ALL ONE

http://floormag.net/oregon-eclipse-gathering-2017_yuichi-ikuzawa/

 

 

 


2017.11.03 Friday

SPACE GATHERING 20th


Space Gathering 20th Anniversary
Reeさん〜Mike Maguire〜Masaさん
最高過ぎた御三方の7Hロングセット
雨合羽の宇宙服で台風と踊りながら
星霜圏を超えて乳白色に輝く銀河へ。

大好きな宇宙集会20周年
おめでとうございます♬

懐かしのSG 10th blog
http://blog.freelife77.com/?eid=471890
 

 

 


2017.10.17 Tuesday

FLOOR 200号

 

世界中のクラブ / ダンスミュージックカルチャーを扱う音楽誌『 FLOOR 』最新号( 200号おめでとうございます!!)に、Oregon Eclipse Festivalで執筆した、詩的アプローチ文章と写真が掲載されました♬

どん!!と丸々2ページも掲載して頂き、A4サイズな為、迫力あり、歴史的200号記念に寄稿出来た事、至極光栄で嬉しいです。

芹澤編集長をはじめ、FLOOR編集部の皆様、この旅は、有り難うございました。
因みに、24ページの皆既日食の写真は、Kotaroさんが撮影したもので、自分が撮影した写真は、25ページの計12点になります。

自分はアナログ派な為、やはり紙媒体の手触りや質感、匂いや重み、ページを捲る手間も含め、本を詠む行為がとても好きです。
永久保存版 FLOOR 200号記念、充実した多彩なコンテンツ盛り沢山なので、興味のある方は、是非お手に取ってみてくださいませ^ ^

FLOOR
http://floormag.net

 

 


2017.10.06 Friday

Parasol

 


秋風に優しさと触れる
焼き立てのパンの匂い

 


編みかけの髪を解いて
描き上げるレムの夢路

 


ラメの雨が窓辺で踊る
開け放つ時に星が灯る

 


エゴも猫も丸まる日向
亜空へ染み咲く花の傘

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 











 


2017.10.05 Thursday

Relief

 


幾旅の風に舞い踊り
三つ編みの羽が降る

 


反戦も自由も平和も
心の核に深く刻まれ

 


陸から海へ空を穿つ
祈りは月へ命と実り

 


慈しみに濡れ煌めく
太陽の涙で星よ癒え

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 





 


2017.09.11 Monday

DANCE ON THE PLANET

 

 

 

NASAが観測した最大規模の爆発、
太陽フレア現象で地球に降り注ぐ
コロナガスと高温エネルギー粒子。

その影響により、メキシコや秋田県では
大地震が起き、北海道では眩いオーロラ、
フロリダでは大型ハリケーン、イルマが…。

そして先日ageHaにて開催された
DANCE ON THE PLANETの磁場は、
鮮烈過ぎる程、陽の熱氣が超充満。

北朝鮮が乱発射するミサイルの脅威然り、
負のエネルギーに照準を合わせるより、
楽園から引用した陰陽バランスを大事に。

素朴に、シンプルに、尊い今を愛でながら、
自然と由縁に心からの感謝とリスペクトを。
未曾有の希望を忘れず、その光と踊って憩う。

 


小張くん、Danaをはじめ、関係者の皆様、
本公演で著書を購入して頂いた粋な皆様、
物販協力してくれたあたたかな仲間たち、

この旅は、どうも有り難うございました✨

10年前にこの本と出会って救われました!
と、愛読者の方から頂いた言葉が印象的で、
実に嬉しく、また詩を描く原動力へ変えます。

これからも、ただ素朴に、
共鳴を証明し続けながら、
死ぬまで詩を綴って憩う。

祈りを込めて。。

 

 

 


2017.09.07 Thursday

PARADISE -Oregon Eclipse After Gathering-

 

 

2017.9.9 sat 新木場ageHa
DANCE ON THE PLANET主催による
Oregon Eclipse After Gathering
『 PARADISE 』にて、著書2冊、
natural high -raveで生まれた言葉たち-
VERSE の限定販売を行います。

オーガナイザーの小張くん、
この旅は、有り難うございます。


皆既日食の熱冷めやらぬ初秋の眩宵、
光まみれの楽園でお待ちしております♬

∞ ALL ONE ∞

Oregon Eclipse After Gathering
『 PARADISE 』 event page

https://www.facebook.com/events/1617327958299740/?ti=icl
 

 

 


2017.09.01 Friday

Summer of Love 2017

 

 

Eclipse Brother , PEACE .

皆既日食を三回見ると失明する。
そんな都市伝説は丸っきり嘘だ。

三角に折ったスカーフを巻いて、
砂埃が舞い上がる楽園へ向かう。

ここのUtopiaの名は、オーココ。
ここぞとばかりに突き抜ける旅。


レモネードポップコーンの氣球。
リズミカルなAmbient Journey . 

松ぼっくりがコロコロ転がる。
ティピの麓で一角獣とワルツ。

湖のほとりには青い蜻蛉が戯れ、
六角形の光彩と混ざりきらきら。

Moon Stageでは竜巻が生まれ、
どこまでも澄み広がる空の澪へ。


Eclipse , Sun , Moon , Sky , Earth …
20を超える大小様々なDance Floor .

ヒッピーが反戦・平和・自由を唱えた
Summer of Love からちょうど50年。

https://ja.m.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B5%E3%83%9E%E3%83%BC%E3%83%BB%E3%82%AA%E3%83%96%E3%83%BB%E3%83%A9%E3%83%96


2017年の真夏、アメリカ オレゴン州。
ポートランド空港から車で約3時間、
80を超える国の人が約10万人も集まった
人類史上最大のTotal Eclipse Festival。


High Paradise & Utopia
- Ochoco National Forest -


Wood Stock , Grateful Dead ,

Timothy Leary , Allen Ginsberg ,

Jack Kerouac , Peter Max ,
Hippie Culture , Flower Movement …
 

どれもがこの聖地で魂を刻み、

自然とともに流れて行った。

光とともに。
それはとてもごく自然に。


今も鮮明に脳裏に焼きついている。
瞼の裏側に煌めく美し過ぎる憧憬。
パーフェクトなダイヤモンドリング。
あんなに綺麗な光は宇宙でここだけ。 

Amazing , Miracle , Magical …


言葉にすると陳腐な表現に成るし、
写真や映像ではうまく伝わらない。

素晴らしさや感動は、
実り在るリアルの中。


それぞれが心に灯す光を絶やさず、
明かりをシェア出来たら良いのに。

暗闇の中でも、探せば星は輝く。
それは気づきや、兆しや、希望。

足掻いて踠いて、ふらつきながら、
自分の意志と足で踊り出したなら、

笑顔で一緒に踊ってくれる隣人が、
掬い上げてくれる沢山の手が在る。


ここで踊り続けて憩う。
心地好く、自由に。


わたしたちは、自然の一部。
尊い瞬間を循環させる動力源。

あなたが動けば、風は立つ。
ただ心地好く、この上なく。

そんなMINDで過ごせたなら、
地球を傷つけたりなどしない。


慈愛の空に弧を描く飛行機雲。 
戦争や原発なんて絶対NOだ。

LINKさせる色は、Naked Pink .
よりシンプルに、よりクリアに。

もっともっと器と懐を深く。
利己的でも恣意的でもなく。


ただ愛に感謝しながら、
在るがまま。個のまま。


ALL ONE .




                                    2017. 8.22
                                    オーココにて

 

 


2017.08.29 Tuesday

STRAW

 

 

藁の川を游いで行く
花の岸には青い蜻蛉

 

 

温度を感じて揺蕩う
何処からか薫る音頭

 


流れながら研磨され
裸の天下に虹が降る

 


あなたも奏多の粒子
立ち眩みまた煌めく

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


| 1/66PAGES | >>

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

search this site.

-->

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM