2018.12.03 Monday

AIRWAY






放浪の岐路で仰ぎ視る紅葉
童謡が流れ色は茜空と抱擁



幼い頃の帰り道に似た情景
象形文字が踊る宵光の共鳴



煌く星は時の丘に降り注ぎ
一瞬も永遠も宙へ浮き沈み



沈丁花が白く眩く昇華され
夜明けを引き連れ夢は続く






















2018.11.07 Wednesday

SCALE






本懐の空へ高鳴る音階
論外な光が似逢う存在



方舟で運ぶ命と微笑み
木洩れ日に栞を燃やす



仄かな灰は人の儚き夢
愚かな神は民の幼き幻



月まで突き抜け十字星
海より瑠璃より尊き時



本懐の空へ高鳴る音階
恩大な光と天音く存在




















【 SCALE 】音階


2018.11.06 Tuesday

PROOF






極楽浄土の証拠は裸足
探し当てた強固な形見



水蓮が廻り粒子に溶け
骨と乳歯は光に焼かれ



痛みは誓いで晴れ癒え
憧れた黄昏へ息を奏で



煌めく閃き彩り居残り
埃も心地も未来に溢れ




















【 PROOF 】吟味


2018.10.01 Monday

CLEAR





大口開けて待つ未来
頰月染まり逢う機会



視界に映え澄む音色
毛糸が弾み行く経路



鈴虫の宵光きらり羽
影法師は曜日と踊る



灯す彩り響き呼吸し
素粒子な君に余韻を























2018.09.29 Saturday

Sunrice





世相の恵方に雨が降る
秋の民に灰の風が吹く



黄金の国は米印の水面
嗅覚で収穫させる稲穂



ニライカナイ儚い未来
理想も希望も自然の中



危険な利権は嵐と去れ
宛て名は糧の証で在れ























2018.09.11 Tuesday

REPEAT




 




風の声に呼応する日常
致死量は鼓動より予報



拗れた正義に降る雷雨
細工したナイフを翳し



刃向かう先で何と戦う
青い争いの果ては静寂



脆弱だからこそ美しい
儚き生命が祈りを重ね



尊重と恩寵の音と色へ
創造しながら動揺する























2018.08.22 Wednesday

mugwort





蓬蒸し鳴き猛る蝉
夜超し焚ける憂い



入道雲に観護られ
霰も無き姿を愛す



アイスが蕩け眩み
泣き骸は海へ帰る



褪せぬ鮮明な懸命
消滅しない情熱と



流行雲を突き抜け
月舟の宵闇に偲ぶ






























【 mugwort 】蓬(よもぎ )

【 霰 】あられ


2018.07.26 Thursday

guidance





彼方の月読が巡り周る旅
あなたの温もりを感じる



奏多は裸の堤防に共鳴し
証明済みの栄光と流れる



新たな熱氣球の燃料は糧
果て無き微粒な現象は雨



晴れ仰ぐ尊き太陽は兆し
日射し痛み闇が踊るまで






















2018.07.07 Saturday

LAUNDRY





日向の縁側で甲羅干し
星屑が天川を渡るまで



風と憩う仰向けの青虫
汗も涙も宙の土に還る



ほら御覧ノアの夜游び
田舎の円縄は蝶々結び



向日葵は廻り影に蕩け
雨も糧も舟の上で踊る


























2018.06.27 Wednesday

CHORD






遥かな和音へ恩返し
奔放な本来が高鳴る



鼓動の予想など皆無
ライムの河に響く唄


蔦を伝うシンメトリ
根掘り羽彫り流れ星


弾丸がルビを射抜く
月も文も余韻と沈む




















【 CHORD 】和音


| 1/69PAGES | >>

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

search this site.

-->

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM